読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空の色、夢の中。

また今日と同じ今日が来る

とある映画への出演が決まりました

 

その情報が目に入ってきたのは2017年5月3日の0時58分。Twitterでスポーツ誌の記事が流れてきた。信じられなかった、目を疑った。夢だと思った。

 

 

来年公開の映画に出演すること。新人検事を演じること。そして何より、大先輩と共演すること。壮大過ぎて恐れ多すぎて想像すら妄想すらしなかったそのツーショット。驚いた、ただ驚いた。

 

 

まだ「新人」という肩書のつく役を演じられるんだ。もしかしたら主演じゃないかもしれない。それもサスペンスの世界で、正義と向き合う検事だ。ただただ嬉しかった。話のあらすじを聞いただけでもわかるその大好きな世界に入り込み、大先輩と対決をする。それも己の正義をぶつけて。これほど願った役はなかなかないかもしれない。

 

 

考えることはたくさんある。心配なことも考えればいくらでも浮かんでくる。でもあえて今はそれに目を向ける気はないよ。卑怯者でごめんね、でもめでたいお知らせなんだからその喜びに酔いしれたいの。世の意見のすべてを知らなくていい。すべてを知ることはいいことだとは思わない、逃げだって含まれてるのも理解してる。

 

 

二宮さんのコメントがどうにもその高ぶる鼓動を隠しきれていなかった。わたしが知ってるあの人は冷静沈着で俯瞰的に見れて、緊張もするけどそれを楽しむ人。人が好きな人。コメント聞いただけでこちらもぞくぞくした。

 

どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、客観的に見ているという状態です。原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます。(報知新聞)

 

 

どうにかなってしまいそうな気持ちってどんなものなんだろう。

 

 

これも。

 

 

 

 

行ってきます、だって。二宮さん、いってらっしゃい。

 

待ってるよ。また大きくなって素敵になったあなたを。

 

わたしたちは公開を楽しみにPRで支えるのみです。

 

先輩、監督、スタッフの皆さん。本当に公開を楽しみにしています。

 

撮影が無事に成功しますように。大成功しますように。

 

 

おかえりなさい、と言える日までお待ちしています。